プロポーズ、婚約指輪を渡すタイミング

2016/06/26

年齢を考慮してみよう

 プロポーズのときに婚約指輪を相手に渡すという男性は少なくありません。これは人生の岐路、その一つに立たされたときの、決意の表明法だからです。

 では、どのタイミングでそれを渡せばよいのかと言いますと、自分と交際相手の年齢を考慮してみるとよいでしょう。

 昨今では晩婚化が進んでいますが、三十路が一つの区切りとなっています。どちらがか30歳を迎えたときに、それを節目としてプロポーズする人は多いのです。

 自分と相手が今いくつなのかを意識するようにしましょう。

周辺に目を向けてみよう

 プロポーズのタイミングになるものとして、周囲の人間の結婚というものがあります。これはブームに便乗するというような感じですが、話を切り出しやすくなるという意味では貴重です。

 なお、知人が全て結婚しているという場合は、出産報告を利用するというのがあります。向こうに子供が生まれたのだから、こちらもそろそろ結婚しようかと話を持ちかけ、そのときに婚約指輪を渡せば、プロポーズの成功確率はかなり高くなります。

 周囲の動向に目を向けるようにしましょう。

仕事の節目にプロポーズする

 結婚を決める要因の一つに、経済的な安定や地位の確立というものがあります。これは勤務先での出世を意味しています。

 手がけているプロジェクトが成功のうちに終わり、昇進が確定したというタイミングで話を持ち出せば、相手も納得しやすくなります。

 なお、婚約指輪を用意するのは時間がかかるため、だいたいの目処がついた段階で、注文をかけるようにしましょう。

 タイミングを逃すと話を持ち出すのが難しくなるのは、他の部分と共通しています。

婚約指輪とは、結婚前の恋人同士が結婚の約束代わりに男性から女性に贈る指輪の事を婚約指輪といいます。よく、給料3ヶ月分などを耳にした事もあるかとおもいます。

/