少人数形式の結婚式の他にはない3つの魅力

2016/05/27

引き出物を一人一人違うものを用意することができる

一般的には、結婚式の引き出物はすべてのゲストに同じ引き出物を用意することが多いですが、少人数形式の結婚式の場合はゲストによって引き出物を変えることも容易にできます。たとえば、普段からお世話になっている上司や昔お世話になった恩師に対しては、品数を多くしたり、男性と女性、既婚者、独身者によって引き出物を変えるということができます。このようにすることで、ゲストに対してより満足のいく引き出物を差し上げることができるといえるでしょう。

スケジュール調整が容易にできる

少人数形式の結婚式の場合は、スケジュール調整も通常の結婚式よりも容易に行うことができます。ゲストが少なければ当然スケジュールを立てやすくなり、平日結婚式を行うことも可能です。平日の結婚式は、祝日の結婚式に比べて値段が大きく変わってきますから、スケジュール調整が楽にできるということだけではなく、結婚式の費用も安く抑えることができるということがいえるでしょう。どのくらい安くなるかというと、ゲストの人数にも関係してきますが、10万円単位で費用が変わってくることもあります。

見せ物感を減らすことができる

中には、披露宴をすることに対して、見せ物見たいで抵抗があるという人もいるかもしれませんが、少人数形式の結婚式であれば派手な余興もなければ、お酒を飲んで大騒ぎということも少ないですから、落ち着いた雰囲気で結婚式を挙げることができます。見せ物感が苦手なのであれば、結婚式自体をしないという方法も有りますが、結婚式は自分たちではなく、家族のためにも行うものなので、少人数でも挙式を挙げることによって親孝行になったりもします。

最近結婚式なら親族のみで挙げたいといった若者が増えています。あまり気兼ねせずにでき、費用も安く抑えられるので人気がでています。

/